債務整理を考えている方や借金で困っている貴方!まずは相談です!
債務整理は、法律で与えられた正当な権利です!

一人で悩んでいるあなたへ

あなたの返済は自分のためですか?
それとも大切な誰かのためですか?

それが自分のためであれ、大切な誰かの為であれ、もうこれ以上の無理をする必要はありません。

債務整理という、法律で与えられた正当な権利を行使して、一日も早く今の生活から抜け出しましょう。

 

あなたに合った返済方法とは?

債務整理は誰に相談しても、どこで依頼しても、同じ結果とは限りません。

特に任意整理に関しては、裁判所等の公的機関を通さずに、代理人である弁護士と債権者である金融業者との交渉によって行われますので、必然的に各々の個人的技量や知識により差が生まれてくる事は現実問題として避けられません。

全国からよせられてくるお電話やメールの中に、債務整理をする気持ちは固まったのですが、

  • 上手な先生の見分け方がわからない
  • 技術 の高い事務所を教えてほしい等
  • 自分自身が優位になる交渉方法を教えてほしい

という方が増えてきました。

これはごく当然の権利ですし、当たり前の気持ちだと思います。

 

自分にあった先生、より有利な交渉をしてくれる事務所を選びましょう

例えば、重い病気にかかり、危険をともなう手術等の治療を必要とする時、ほとんどの方は、より上手い先生、より高度な機器を有する病院等を必死にさ がすはずです。

治るはずの病気が治らない、助かるはずの手術が助からない。

逆に治らないと思っていた病気が治った、助かる見込みの少なかった手術が成功した。

借金というお金の病気もまったく同じなのです。

最近ではこれだけ便利にインターネットが利用でき、どこに住んでいても全国の先生に気軽に質問や相談が出来る時代です。

自分にあった先生は誰なのか、より有利な交渉をしてくれる事務所はどこなのか、自身の人生に妥協のないように最良の道を探す事こそ、失敗しない債務整理の 第一歩になります。

 

債務整理ってどんな種類があるの?

個人が行える主な借金の返済方法は、4つあります。

現在、個人の方が行える主な借金の整理手段です。

この四つの手段をその人がおかれた状況とその人がどうしたいのかという希望を考慮して、任意整理をするか自己破産をするかなど判断して行きます。

相談者の中には、任意整理を強く希望しているにも関わらず、自己破産以外の手段は絶対不可能と断言されるケースもあります。

自己破産だけはどうしても避けたいと考えていても、複数の先生に自己破産以外は不可能と言われてしまう行動を起こせない方や、実際に自己破産の手続きに進んでしまう場合もあります。

自己破産も時として有効な手段ですが、どうしても自己破産だけは避けたいという強い希望をお持ちの方は、自分に合った先生を探してみることもいいでしょう。

 

手段1任意整理

任意整理とは?

弁護士が法律のもと、債権者と交渉して、出資法、利息制限法で計算し直し、

  • 債務不存在(既に債務が無い)
  • 不当利得返還請求(不当な利息を返してもらう)
  • 過払金返還請求(払い過ぎた利息を返してもらう)

等の方法を用い、正当な残債がある場合は、合意和解の上、無理のない一括、または分割返済をしていく法的手段です。

 

手段2特定調停

特定調停とは?

裁判所のもと調停委員が仲介に入り、借金を利息制限法に基づき計算し直して、元金の減額、利息カット等を協議和解して、余裕のある分割返済をしていく法的手段です。

 

手段3自己破産

自己破産とは?


借金超過で支払い不能、若しくは支払いが困難に陥っている債務者(法人・個人)を救済して再建のチャンスを与えるべく、借金を『ゼロ』にする法的手段です。

 

手段4個人再生

個人再生(小規模個人再生・給与所得者等再生)とは?


自宅、所有物件等の不動産を守りながら、住宅ローン以外の借金を大幅に減額して、(確定債務額の5分の1又は100万円のいずれか多い額、100万円未満はその債務額)ゆとりのある分割返済をしていく法的手段です。

 

債務整理は法律で与えられた正当な権利

返済は自分のためですか?

それとも大切な誰かのためですか?

けっして楽ではない返済の中にあっても、なかなか債務整理に踏み出せない人はたくさんいらっしゃいます。

債務整理という選択肢を考え始めてから毎日のようにホームページや書籍等を読みあさり、幾度となく債務相談をくりかえし五年の月日を経て依頼をしてきた方がいらっしゃいます。

法的な手続きにより金銭的には五年分のロスは取り戻すことはできても、人生の大切な数年間を苦悩の日々にしてしまった事は、法的に取り戻すことは絶対に不可能です。

多重債務を楽観的に考えるということではなく、債務整理という法律で与えられた正当な権利を行使するということです。

現代のストレス社会は借金以外にも頭を悩ませることがたくさんあるはずです、する必要のない回避できる苦労なのであれば、ちがうことに労力をついやし有意義な人生を送るべきではないでしょうか。

法的な処理をおこなえば過払い金が返ってくるであろうことを感じていても、また来月も決められた金額を返済しに機械の前に立つのですか?

法的な処理をおこなえば残金の減額や利息が無くなることは知っていても、自分の中の良心や道徳心がその行為をさせないのでしょうか。

それは自分のためですか?
それとも大切な誰かのためですか?

それが大切な誰かの為で、その大切な人もあなたのことを大切に思っているのなら、あなたにこれ以上の無理はさせたくないはずです。

債務整理を考えている方や借金でお困りのそこの貴方

まずは無料相談にてご相談ください!!



「後悔しない任意整理するなら!」

👇ほかの記事も読んでみる👇

債務整理で人生やり直しブログ